カラーズ世界一周倶楽部

世界一周のルート決め (あやな&H.I.S.世界一周旅行デスク編)

こんにちは!この度ご縁があり、フィジーにある語学学校カラーズのキャンペーンをきっかけに世界一周の旅に出ることになりましたayanaです。

このページを見ている皆さんはきっと「世界一周に興味がある」方ばかりだと思うので、これから旅立つであろう皆さんに少しでも役立つような情報を発信していきたいと考えています。と言いつつ私もまさに今出発に向けて準備をしているところなので、今回は世界一周航空券を使って実際に組んだルートを紹介します!H.I.S.さんの力なしでは完成しなかったこのルート、ぜひ皆さん参考にしてみてください。

【出発日を決める】

今回カラーズさんからいただいた世界一周航空券は、「2019年の間に出発すること」という決まりがありました。私は極々普通の会社員なので、まずは会社と調整をしないと出発日も何も決まりません。「どこに行くか」より「いつ行くか」が優先事項だったんです。退職も視野に入れて上司に相談したところ、なんと会社を辞めずに世界一周に旅立てることになりました(笑)。 相談した結果、8月末頃の出発が決定!

【地球の歩き方(フィジー)を購入】
世界一周のスタートとなる国「フィジー」。カラーズで約1カ月間英語を学習した後、世界を周ることになります。ただ私、とりあえず、旅人の必須アイテムといっても過言ではない地球の歩き方を買いました。

どうやら「CLOUD9」というビールが飲めてピザが食べられて海に飛び込めるというなんとも楽しそうなスポットがあるみたいなので、絶対訪れたいリストに追加しました!

【行きたい国をひたすら書き出す】
夢だった世界一周旅行。せっかく行くなら、普段の短期旅行ではなかなか行くのが難しい場所を訪れたい!(イースター島やヨーロッパの小さな国々など)まずは少しでも行ってみたいと思う国をひたすら書き出して、その中優先順位をつけて絞ることにしました。

【H.I.S.さんに相談!】

世界一周航空券には決められたルールが多くあり、中でも1番難しかったのが「指定のマイル数に納めること」。今回使用する「グローバルエクスプローラー」の世界一周航空券はまだまだ事例が少ないようで、この情報過多と言われる現代ですらネットに情報がちらほらレベル。自力で頑張ろうと本を読みながら試行錯誤しましたが、全然進みません…。

結局「プロに相談したほうが早い」ということで、世界一周専門デスクがある新宿のH.I.S.んを訪問。一緒に世界地図を広げながら相談に乗ってもらい、完成したルートがこちら!

大阪→東京→ナンディ(フィジー)→オークランド(ニュージーランド)→パペーテ(タヒチ)→イースターアイランド(チリ)→サンチアゴ(チリ)→サンパウロ(ブラジル)→マドリッド(スペイン)→ザグレブ(クロアチア)~別途自力移動でヨーロッパを周遊~→アムステルダム(オランダ)→ヘルシンキ(フィンランド)→大阪

今回の旅は、オセアニア・南米・ヨーロッパに絞りました。全行程を約3か月で回る予定なので、十分すぎる内容です!中でも私が絶対に行きたかった国が以下です。
・イースターアイランド
言わずと知れた「モアイ」で有名なイースター島。短期旅行ではアクセス・費用ともになかなか手が出しづらいので、世界一周をするタイミングでは絶対に訪れようと何年も前から決めていました!

(H.I.S.杉澤さんコメント)
イースター島は、世界一周旅行では外せないスポットです。
イースター島の象徴である「モアイ像」は、倒れているものや建設途中のモアイ像も含めると1000体近くあると言われていいます。
首から上だけが突き出ているモアイ像をイメージするかもしれませんが、目玉があるモアイ、帽子をかぶるモアイ、正座するモアイなど様々な種類がございます。
圧巻なのは、5体のモアイ像が整列する『アフ・トンガリキ』です。
朝日の鑑賞スポットとしても有名で、立ち並ぶモアイ像の背後から昇る朝日を眺めることができますので、朝早くて大変ですが是非見に行ってくださいね。

・マドリッド(スペイン)
ヨーロッパを旅した友人全員がおすすめしてくれた「スペイン」も、訪れたい国の1つでした。とにかくご飯が美味しいらしい!お酒とともにいろんなものを少しずつ食べたい私にとって、バル巡りは天国…!マドリッドから足を延ばして、バルセロナやバスク地方にも足を延ばしたいと思っています。

(H.I.S.杉澤さんコメント)
スペインは、ヨーロッパの中でも面積が大きい国なので、たくさんの観光地がございますが、
最近のトレンドは、スペイン北部のバスク地方にある世界屈指の美食の街『サン・セバスチャン』です。
バル巡りでは、名物料理ピンチョスなど数々の美食をご堪能下さい。
バルセロナのランドマークである『サグラダ・ファミリア』は、2026年に完成すると言われています。
未完成のサグラダ・ファミリアを観れるのもあと少しなので、逆に貴重かもしれませんね。
ヨーロッパの中だとあまり治安が良くない国なので、盗難などにはくれぐれもご注意くださいね。

・アムステルダム(オランダ)
私、ミッフィーが大好きなんです(笑)。ミッフィーの生みの親「ブルーナさん」の故郷が、オランダのユトレヒト。こちらも何年も前から訪れたいと思いを募らせていた場所です。街の至る所にミッフィーがいると聞いています!楽しみです!

(H.I.S.杉澤さんコメント)
オランダといえば、運河と風車とチューリップが有名ですが、”ミッフィー”の生まれの街である『ユトレヒト』に目を付けたのは流石です。
ユトレヒトには、世界中にひとつしかないミッフィーの信号やブルーナさんがデザインした標識などがあり、街歩きでの何気ない発見をたくさん楽しむことができます。
オランダに行かれるのは、11月後半になると思いますが、木々の紅葉も進み、黄色やオレンジに色づいた葉っぱがとても綺麗な季節です。
ただ気温は冷え込む日が多くなるので、暖かい恰好をお忘れなく。

あくまでも世界一周航空券を使って組んだルートは上記ですが、これに加えて自分で手配する航空券や陸路移動を駆使してボリビアのウユニ塩湖やヨーロッパの中欧・東欧の国も訪れる予定です。出発が約1か月後に迫り、今からワクワクが止まりません!現地からも世界一周の魅力を皆さんにお伝えできればと思うので、ぜひぜひ楽しみにしていてください♪

===================
H.I.S.世界一周旅行デスク
HPはこちら
TEL:03-6836-2548
◆営業時間◆
平 日 10:00~18:30
土日祝 11:00~18:00 (電話受付:10:30~)