なぜ、フィジーで英語留学なのか

フィジーは、元々イギリスの植民地だったため、公用語の一つが英語です。

小学校から、殆どの授業を英語で学んでいる国ですので、大部分の国民が英語を話せます。

実践的なスピーキング機会が膨大

英語を話す機会は学校やホームステイの中だけではなく、学校外にも溢れています。フィジー人は世界でも最高レベルでフレンドリーな国民のため、街や公園などでも「ブラッ!(こんにちは)」と話しかけてくれます。英語初心者であっても、ゆっくりと、分かりやすい単語で話してくれますし、こちらの話もやさしく、じっくりと聞いてくれます。

ボランティア体験コースでは、講師と共に地域社会で活動を行いますので、ローカルと関わる機会が増えていきます。ボランティアを実施しながら、実践的なスピーキング機会をもうける事が出来ます。

幸福度世界一の国民から「幸せ」を学べる

フィジーは、ギャラップ・インターナショナル社の世界幸福度ランキングにおいて、幸福度1位(2014/16/17)となり、国家としてGNH(国民総幸福)の向上を目指しているブータンに代わって、「世界でいちばん幸せな国」として、注目を浴びております。

「みんな、幸せになりたい」

なのに、幸せについて考えることは少ないものです。幸せについて学ぶには、幸せな人から学ぶのがもっとも効率的です。

フィジー人たちから、新しい価値観を学び、自分にインストールしちゃいましょう。

「情報」はインターネットで仕入れることができますが、「価値観」は実際に体験してみないと習得は難しいものです。

フィジー留学は欧米への留学のように王道ではありません。だからこそ、希少性が生まれ、現地での経験を王道な留学生たちから差別化できます。

気候が常夏で治安も良い「レベル1」

月別の平均気温が23~28℃と、非常に過ごしやすく、一年中、海水浴やマリンスポーツが楽しめちゃいます。

治安は世界最強の日本と比べると、どこの国へ行ったとしても、治安は心配になりますよね。

ただ、フィジーはアメリカやフィリピンと違って銃社会ではなく、スリやひったくりなどの軽犯罪はありますが、重犯罪は非常に少ない国です。経済的には恵まれているとはいえない国ですが、助け合って生きているため、路上生活者を見かけることもほとんどありません。

欧米留学の半額以下

1週間 58,550円~
4週間 144,200円~
12週間 372,600円~

フィジー、フィリピンは、欧米留学の半額以下という事もあり、2か国のどちらに留学しようかと、悩まれている方も多いかと思います。

以下は、簡単な比較表です。
フィジー留学フィリピン留学
授業形態グループレッスン中心 (当校は、マンツーマンを組みあわせたカリキュラムマンツーマン中心。TOEICなどスコア系にファーカスした学校もあり。
授業時間数1日5〜6レッスン (当校は、6~7レッスン)最低でも1日6レッスン。 スパルタはそれ以上。
宿泊先学校寮かホームステイ学校寮、ホテル。 ホームステイはない。
食事ホームステイなら食事提供あり。 学校寮なら自炊。学校が食事を提供
通学手段徒歩か公共バス学校敷地内の宿泊なら徒歩。 そうでなければスクールバス。
学生の国籍ほぼ日本人日本人・韓国人が多い
国民の英語通用度ほとんどの国民が英語を話す英語を話せない人も多い
治安銃社会ではなく、のんびりした雰囲気。スリやひったくりなどの軽犯罪は多い。街中に銃を持つ警備員が立ち、治安維持に努めている。軽犯罪だけでなく、重犯罪も多い。
現地人とのふれあいホームステイやボランティアなどを通じ、ふれあいの機会は非常に多いゲートに囲まれて外と遮断されている学校も多く、現地人と関わる機会は少ない