幸福学留学ブログ

セカンドIDの形成はフィジーで

世界では半数以上の人が、2つ以上の言語を話します。

むしろ、モノリンガル(単一言語話者)は少数派なんです。

マルチリンガルは、脳卒中からの回復スピードが速かったり、認知症の発症が遅かったりと、健康的ですらあります。

新しい言語を学ぶと、新しい人格が形成されていくとよく言われます。

言語習得はセカンドIDを楽しむチャンスでもあります。

 

そして、どんなアイデンティティーが形成されるかは、その言語を学ぶ場所の文化的影響を受けます。 

どの言語をどこで学ぶか。

私たちカラーズは、「英語」×「フィジー」という選択肢を提供しています。

「世界でいちばん幸せな人格」というセカンドIDを形成する機会を提供しているともいえるかもしれませんね!

hkr fina.jpg