ボランティア

世界遺産を配るボランティア活動とは?

2013年12月、和食(日本人の伝統的な食文化)がユネスコ無形文化遺産に登録されました。つまり、「和食」が世界遺産になりました。

 

2000年前の弥生時代に生まれた「おにぎり」。

日本のソウルフードです。

つまり、「おにぎり」は世界遺産ともいえます。

フィジー人と一緒に「おにぎり」を作り、配る。

言い換えれば、フィジー人に「世界遺産の作り方を教え、世界遺産を配る」ボランティアです。

 

そう考えると、「ただ、おにぎりを作って配る」感覚とは違って、非常に意義深く感じられます。

違った意味合いで物事を捉え直す「リフレーミング」の力。

カラーズでのボランティアでそんな力を身につけていきます。