ボランティア生徒さん留学生の声

留学生インタビュー16:ワークライフスタイリストが感じたフィジーとは?

カラーズ開校キャンペーン「世界一周 × フィジー留学 × 海外就職」で準優勝に輝いたMizukaさんがフィジー留学! ワークライフスタイリストとして活躍する彼女が感じたフィジーとは? インタビューさせていただきました。

 

【お名前】Mizuka Wakui

【年齢】30代

【職業】ワークライフスタイリスト

【留学期間】2週間

 

━━日本ではどういうお仕事をされていますか?

 

2018年10月まで一般企業で人事系の仕事をしていました。それから起業のため退職し、いまは「ワークライフスタイリスト」として、女性の働き方改革を応援しています。

 

━━カラーズを選んだ理由を教えてください。

 

カラーズの創立者や校長先生の人柄と魅力に惹かれたからです。また、留学の前に一度フィジーを訪れているのですが、そのきっかけになったのは、校長先生の本「フィジーの非常識な幸福論」でした。

 

━━カラーズの教師たちはどうでしたか?

 

初心者でもついていけるようにペースを合わせて授業を提供してくれました。とても満足です!

 

━━フラット滞在はどうでしたか?

 

フラットに滞在している他の生徒さんと交流できるのでオススメです。日本での日常とは違った、なにか新鮮な感覚に毎朝、包まれているような感覚でした。

━━今回の留学期間の中で、いちばん印象に残っていることは何ですか?

 

「あなたにとって幸せとは何ですか?」という質問を学校外のフィジー人たちに投げかける活動をやったことですね。

 

質問をする前に、自分たちがこれについてどう答えるのかを話し合いました。私が答えたのは「笑顔」(あとからよく考えてみたら「自由」でした)。

 

答えるまでにしばらく考え込んでしまって、自分の中で幸せの定義がはっきりしてなかったことに気がつきました。

 

街中でいろんなフィジー人にインタビューをしてみましたが、その答えこそ違うものの、迷ってる人はいなかった印象です。突然、幸せの定義を聞かれても、ごく自然にその答えが出てくることに驚きました。

彼らはきっと、いわゆる自分探しや自己啓発なんてしていないと思いますが、ちゃんと答えをもっていることに感動しました。

 

正解は人それぞれがもっているものですが、少なくとも自分の正解は見つけておきたいと感じたアクティビティーでした。

━━全体を通しての感想をお願いします。

 

授業の雰囲気や先生のユニークさで、とても楽しい学校生活を送らせていただき、とても感謝しています!

 

━━後輩留学生へのメッセージをお願いします。

 

カラーズでの留学は勉強以外のものも必ず得られる場所ですので、とてもオススメの学校です!